ベルタ妊娠線クリームの特徴的成分

妊娠線を予防するクリームもいろんな会社から発売されていますよね。
どれがいいか分からないときは、よく成分をチェックしたほうがいいと思います。
例えばベルタ妊娠線クリームの場合は、「シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)」という海外でも有名な成分が入っているんです。
とりあえず肌に良さそうな成分が入ってるけど、あまり細かく見てなかったりもするかもだけど、ベルタというと肌ケアのブランドとしては人気もあるし、そこが目をつけたということは、肌の引き締めとかの効果もありそうだもの。

シラノール誘導体?効果は予防か改善か

ネットでシラノール誘導体を調べると、比較的たくさんでてくるのが「妊娠線予防」についての記事です。
でも実際は、高級化粧品もシラノール誘導体は配合されていたりします。
活性珪素誘導体とも呼ばれています。
肌の水分を保持するためにも、珪素はなくてはならない存在だそうです。
コラーゲンを増やすための努力しても、そもそも珪素が足りなくなってくると、効果も出にくいのかもしれません。

ベルタマザークリームのすごいところは、保湿の効果だけを考えたものではなく、シラノール誘導体で妊娠線予防に対して効果を発揮してくれてるんだと思います。

しかしですね、予防だけの観点からいくと、保湿が可能なクリームをたくさん塗ってれば大丈夫な気がしますが、問題は、すでに出来てしまった妊娠線を改善できるほどなのかどうかということです。
答えを明確にすることは難しいですが、シラノール誘導体配合のベルタマザークリームを使えば、もしかしたら可能なのかもと思わせてくれる逸品です。
ストレッチマークというのは、コラーゲン繊維の断裂ですから、それを修復できるかどうかが鍵なわけです。

妊娠線予防クリームの中で、シラノール誘導体が配合されているのは他にあるのか知りませんが、私が知ってるのはベルタクリームだけです。少々値は張りますが、定期購入で継続的に使用することによって、1年後の自分の肌が変わると思うと高くないのかもしれません。
ベルターマザークリームのシラノール誘導体

ルテインとかブルーベリーのことから少し離れて乳酸菌の

久しぶりだけどルテインとかブルーベリーのことから少し離れて乳酸菌のことでもと思ってました。今朝はちょいとせきこんでしまって目覚めてしまった。年末にきて体調が悪くなるなんて、ちょっと油断してしまったかも。お腹の調子もあまりよくないみたいだし。ちょっとストレスと過労なのかもしれません。今日くらいはちょいとゆっくり寝かせて欲しいところですがそうも行ってられませんので、なんとかがんばってるところです。思い出そうとしても何だったか覚えてない。ようやく連休ですが、どうしようもない状態ですね。乳酸菌にもいろんな菌があるみたいなので、それをちょっとずつ見てるのですが、これを比較するなんて無理ですね。種類が多すぎて。乳酸菌サプリもすごい数ですし、どれがいいかなんて全然分かりませんので。ちょっとでも安いほうがいいんですけど、高いのはそれなりの理由があるのかもって思ってしまったりで、いつになっても全然進みませんね。何億とか何兆個とか書かれてますが、そもそも数が多ければいいのか、それとも菌の種類が大事なのかが分かりません。
いいんだろうとは思いますが、時間がありませんので、結局買わないということが多いです。

ベルタ妊娠線クリームといえばシラノール誘導体へのコメント

  • シラノール誘導体とケイ素について

    シラノール誘導体とかケイ素とか聞き慣れない言葉が出てくるとうんざりしますよね。
    そんなことより、本当にどれだけ効果があるのか知りたいんです。
    成分の知識なんて私の頭では入っていかないので、写真付き、実際にどのくらい改善されたのかとかレポしてくれてる人がいたらいいんですけどね。