ベルタ妊娠線クリームは公式サイトで500円定期便

ベルタ妊娠線クリームって、お試しで1個買うとすると「6,980円」もするんです。 結構な価格ですよね。

それが定期便となると、4,980円になって、さらに初回だけですが「500円」で買えるんです。

だから、どこで買うかというと「公式サイト」がおすすめなんです。

似たり寄ったりの「妊娠線予防クリーム」の中でベルタの違いは?

まあ似たり寄ったりという言葉がぴったりなのが「化粧品」というジャンルではないでしょうか。

美白化粧品にしても、ニキビケア、保湿などにしても、同じようなものが山ほどあります。 好きな芸能人が使ってるから、好きなブランドだから、そういう理由で選ぶ女性も多いことでしょう。

逆に、成分的に他と差別化されているもののほうが少ないのかなと思うくらい。 単に、成分の組み合わせが違うだけみたいなのも一杯ありますから。

ではベルタ妊娠線予防クリームはどうかというと、一つ他では見ない成分が入っています。 それが「シラノール誘導体」です。

医薬品ではないので、詳しい効果はベルタ公式サイトにも書かれていませんが、ネットで調べればだいたいどういう成分かは分かります。

ベルタクリーム配合のシラノール誘導体についてはこちら

他にも美容成分なども入っていますが、私はシラノール誘導体がやっぱり効果の元なのではないかと思ってます。 出来てしまってからでも改善の効果があるかもしれませんが、早くから使い始めたほうが当然妊娠線は出来にくいでしょうね。

ベルタ妊娠線クリームはどの時期から使うべきか?

妊娠線のようなストレッチマークというのは、急激な体型の変化があれば、いつでも出来ることがあります。 妊娠して、どのくらいからお腹が膨らめ始めるかは大方予想がつきますが、やはり個人差があります。 それなら、2ヶ月とか3ヶ月とか、まだお腹が膨らみ始めてない時期から使い始めるにこしたことはないでしょうね。

妊娠線予防クリームより安い保湿クリームのほうが人気かも

ネット上ではいろんな体験談を見ることができますが、よくある質問というのが、高い妊娠線用クリームではなく安い保湿クリームでも予防の効果はありますかというものです。

人によるでしょうけど、それでも効果がある人もいるようです。

でも、いくら調べても、これぞ絶対的な答えというものは見当たりません。

どういうことかというと、安い保湿クリームでも妊娠線が出来なかった、だから高い妊娠線クリームを買う必要はないという結論に達するのは短絡的すぎると思うからです。

この2つを何かの実験で調査したなら別ですが、そうではなく、ただ単に一つのクリームで妊娠線が出来なかったからという理由で、わざわざ高いのを買わなくてもといいますが、もしそれで、その人が安いのを使って妊娠線が出来たらどうするのでしょう。当然責任なんてありませんよね。

  • 何も塗らなくても妊娠線ができない女性
  • 安い保湿クリームを塗ってたら妊娠線が出来なかった女性
  • 高い妊娠線予防クリームを塗ってできなかった
  • 高いを塗ったけどできてしまった
いろんなペターンがあるわけです。

確かに妊娠線予防クリームランキングというものもあり、上位のものを使うほうが良さそうな気はしますが、私が思う最大の予防は、一つに拘らない、ということは、食事で体重が増えすぎないようにするとか、運動も無理のない程度に歩いたりもするとか、そういう意味です。

ベルタ妊娠線クリームはお腹以外にも塗るところあるから

ベルタ妊娠線クリームも安いとはいえないかと思いますので、あまり一度にたくさん使ってるとすぐになくなりそうで怖いんですが、お腹だけ塗ってたらいいってものでもないんです。
というのも、妊娠線が出来る場所といえばお腹だけと思いがちですが、実際は他にも肉割れしやすい場所はあります。
ベルタを買ってお腹に塗ってればいいと思ってたらそれはちょっと間違いかもしれません。
「ベルタ妊娠線クリームはお腹以外にも塗るところあるから」の続きを読む…

ベルタ妊娠線クリームといえばシラノール誘導体

妊娠線を予防するクリームもいろんな会社から発売されていますよね。
どれがいいか分からないときは、よく成分をチェックしたほうがいいと思います。
例えばベルタ妊娠線クリームの場合は、「シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)」という海外でも有名な成分が入っているんです。
とりあえず肌に良さそうな成分が入ってるけど、あまり細かく見てなかったりもするかもだけど、ベルタというと肌ケアのブランドとしては人気もあるし、そこが目をつけたということは、肌の引き締めとかの効果もありそうだもの。
「ベルタ妊娠線クリームといえばシラノール誘導体」の続きを読む…